α7

【写真】公園に行ってきたから写真を上げる

引用元: 公園に行ってきたから写真を上げる


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/01(金) 20:52:12.447 ID:gPySKKk30.net
東京都、小金井公園とその中にある江戸東京たてもの園に行ってきた
 
no title

【続きを読む】



【Sony】 「α7III」はいつ出るんだろう?フォトキナ前に後継機の発表あるか

a7II


引用元: Sony α7 / 7Ⅱ Part78


484: 名無CCDさん@画素いっぱい 2016/02/19(金) 00:41:24.05 ID:zKPlOUEF0.net
α7m2の後継機はいつぐらいにでると皆様よそうされますか?

485: 名無CCDさん@画素いっぱい 2016/02/19(金) 12:31:20.85 ID:E6R735lC0.net
俺も聞きたい
これ次第で7ⅱを今買うかどうかってとこ

【続きを読む】



【ν速写真部】α7って売れてるの?使ってる人いますか?

no title


引用元: 【ν速写真部】α7って使ってる奴全然見かけないんだが売れてるのか?恥ずかしくないから買った奴挙手


1: リキラリアット(catv?)@\(^o^)/ 2015/07/07(火) 14:39:21.27 ID:V/OPL3980.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
ソニーα7シリーズの違いを見てみよう(2015年夏版)

世界初のフルサイズミラーレスカメラとして登場したソニーα7シリーズ。2013年11月の発売当初は交換レンズが2本しかなかったが、その後徐々に数を増やし、それなりにシステムとしての体裁を整えつつある(もうふた頑張りほど欲しいところだが)。

一方、ボディのほうは、ベーシックモデルのα7と高精細タイプのα7Rの2台体制に、高感度バージョンのα7S(2014年6月発売)、昨年12月にはα7 IIが追加された。

機種名から考えればα7 IIはα7の後継モデルとなるはずが、ボディ内手ブレ補正の有無という違いがあるからか、新旧併売となっている。今年8月にはα7R IIが発売されるが、おそらくこちらも新旧併売となるだろうから、計5機種のラインナップとなるわけだ。

今回は、そんなα7シリーズの個性をチェックしていこう。

詳細は↓
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20150707_710311.html


【続きを読む】



α7+ミノルタMDマウントアダプターを買ってみた

arufa7

引用元: イヤッッホォォォオオォオウ!衝動買い!! 53回目


180: 名無CCDさん@画素いっぱい 2015/04/30(木) 02:05:47.73 ID:6OoKzp2e0.net
 ゚     *. (_ヽ      +        。
 '  * ∧__∧| |  +
   . (´∀` / /       。   α7+ミノルタMDマウントアダプター
  +  y'_    イ    *       イヤッホォォォウ!!
   〈_,)l   | *      。    
ガタン lll./ /l | lll    +  

:::::::::::.: .:. . ∧_∧ . . . .: ::::::::  
:::::::: :.: . . /彡ミ゛ヽ;)ヽ、. ::: : ::   メインフィルムの値上げっぷりに驚愕して思わず。。。
::::::: :.: . . / :::/:: ヽ、ヽ、i . .:: :.: :::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ヽ、_ノ ̄

【続きを読む】



115,000円のカメラをポチるか悩んでる俺に相談に乗ってくれるスレ

sony


引用元: 115,000円のカメラをポチるか悩んでる俺に相談に乗ってくれるスレ


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2045/01/11(日) 12:21:00.04 ID:wn/2y+Pc0.net
カメラ歴10年、結構使うんだけど高いよなあ

【続きを読む】



[新型」ソニー、フルサイズ対応5軸手ブレ補正をボディに内蔵したEマウント新ミラーレス「α7II」

no title


引用元: 【カメラ】ソニー、フルサイズ対応5軸手ブレ補正をボディに内蔵したEマウント新ミラーレス「α7 II」 [2014/11/20]


1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/20(木) 22:27:13.06 ID:???.net
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141120_676968.html

 ソニーは、35mmフルサイズのセンサーを採用したEマウントのレンズ交換式カメラで、フルサイズでは世界初となるボディ内光学式5軸手ブレ補正機能を搭載したミラーレス「α7 II」(ILCE-7M2)を12月5日に発売する。

価格はオープンプライスで、店頭予想価格は19万円前後。

 α7をベースにしながら、世界初のフルサイズセンサー対応、光学式5軸手ブレ補正機能をボディに内蔵した事が特徴。コンシューマからプロカメラマンまでを対象に、ブレ写真を減らし、新たな表現にチャレンジできるカメラとして訴求する。α7は併売する。

 手ブレ補正は静止画、動画の両方で利用可能。ブレに合わせてセンサーを動かし、シャッター速度最高4.5段分の補正を可能にする。5軸の内訳は、望遠撮影などの焦点距離が長い時に起こりやすい角度ブレ(ピッチ/ヨー)、マクロ撮影時など撮影倍率が大きくなると起こりやすいシフトブレ(X軸/Y軸)、さらに、夜景や動画撮影時などに目立つ回転ブレ(ロール)。様々なブレを5軸で検出して対応する。

 ボディ内に手ブレ補正機能を搭載しているので、手ブレ補正を搭載していないEマウントレンズと組み合わせても、暗所で手持ちで低速シャッタースピード撮影などが可能。別売のマウントアダプタ「LA-EA4」や「LA-EA3」を使い、Aマウントレンズを使う場合でも、ボディ内5軸手ブレ補正が利用できる。ただし、一部対応していないレンズもある。

 なお、レンズ側に手ブレ補正機能が搭載されている場合は、角度ブレに関してはレンズ側の補正機能を使い、シフトと回転ブレはボディ側の補正機能を利用する。

 液晶モニタや有機ELビューファインダーで、補正された映像をリアルタイムで確認可能。望遠撮影やマクロ撮影でも、安定したフレーミングやピント合わせができるとする。

 センサーは35mmフルサイズ、有効2,430万画素のExmor CMOSで、α7とスペック面では同じ。ローパスフィルタも備えている。

 筐体デザインはα7をベースにしているが筐体がわずかに分厚くなり、グリップも大型化。大型望遠レンズと組み合わせた場合でも、安定してホールドできる形状や高さを追求したという。

 レリーズボタンも前に出て、グリップの部分に搭載。ボタンも大きくなっている。好みに合わせて56種類の機能を割り当てられるカスタマイズボタンも10個搭載する。

 α7のボディは、トップカバーのみマグネシウム合金だったが、α7 IIでは、トップだけでなくフロントカバー、内部構造体にもマグネシウム合金を採用。大口径望遠ズームや動画用の重いレンズなど、様々なレンズの使用を配慮してマウント構造の剛性も高めている。

 主要なボタン、ダイヤルには水滴やほこりが侵入しにくくなるようなシーリング処理を施し、メディアやジャックカバーなどは凹凸の二重構造を採用。防塵防滴にも配慮している。

【続きを読む】



【VIP】カメラ面白いな

camer


引用元: カメラ面白いな


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/08/03(日) 18:41:04.88 ID:Dmw8x5860.net
今日一日遊んじゃったよ
これから写真の練習するつもり

【続きを読む】



【カメラ】デジカメ各社が挑むフルサイズ覇権の行方…ソニーが「α7R」投入、高画質の大型センサーを搭載した機種が続々と登場

no title



引用元: 【カメラ】デジカメ各社が挑むフルサイズ覇権の行方…ソニーが「α7R」投入、高画質の大型センサーを搭載した機種が続々と登場[12/17]

1: 諸星カーくんφ ★ 2013/12/17 00:51:44
 スマートフォンの普及で、市場縮小が続くデジタルカメラ市場。メーカーは差別化のため、画質のよい高級コンパクトデジカメや小型・軽量のミラーレス一眼の品ぞろえを強化している。

 中でも、最近大きな流れになっているのが、「フルサイズ」と名付けられた36ミリメートル×24ミリメートルの大型イメージセンサーを搭載した超高級機の低価格化だ。銀塩の35ミリフィルムと同等サイズのため、フルサイズと呼ばれる。従来のフルサイズ搭載機はプロ向けで、本体のみで30万円以上していたが、一般の消費者でも買いやすい価格帯の製品が続々と登場している。

 その筆頭が、11月に発売されたソニーの「α7R」とその普及モデル「α7」だ。α7は14万円。ミラーレス一眼で初めて、フルサイズセンサーを搭載し、一眼レフの上位機にも劣らない画質と小型・軽量化を実現した。

 イメージセンサーは、いわば電子の目。センサーが大きくなれば、それだけ多くの光の情報をとらえられ、画質がよくなる。ただし、フルサイズは一枚のシリコンウエハから製造できる数が少ないうえ、製造の過程でゴミが付着しやすくなるなど歩留まりが悪く、コストが高いのがネックだった。

 ソニーが低価格にできたのは、自社でセンサーから一貫して製造していることが大きい。実は、大型センサーを製造しているのは、ソニー、キヤノン、東芝、ルネサスエレクトロニクスといった日本メーカーがほとんどだ。特にソニーは、スマホ向けなども含めたイメージセンサーの外販で世界シェアトップを誇る。一眼カメラのライバルであるニコンも大口の顧客だ。高度な製造技術を持ち、自社で大量生産することによって、コストダウンできる強みがある。

■レンズの種類に差

 一眼市場の中でも、フルサイズ機はキヤノンとニコンが寡占している。「ソニーは挑戦者の立場。2強がやっていないことをどんどんやる」と、石塚茂樹デジタルイメージング事業本部長は意気込む。

 対するキヤノンやニコンは、フルサイズを搭載した一眼レフの普及モデルに力を入れている。ニコンは昨年9月、他社に先駆けて、20万円を切った「D600」を発売。キヤノンも追随し、同年11月に同じ価格帯の「EOS 6D」を投入した。

 ただ、フルサイズミラーレスを投入してきたソニーに、キヤノンやニコンが追随する様子は今のところない。

 その理由は、画質のもう一つのカギを握るレンズにある。現行のフルサイズ用交換レンズの種類を比べると、キヤノンは54種、ニコンが58種。ソニーはフルサイズミラーレス専用レンズを新たに開発しなければならず、来年3月でも5種にすぎない。キヤノンとニコンは一眼レフでデジカメの利益の大半を稼いでおり、新たにレンズを開発してまでフルサイズミラーレスを投入する必要性を感じていないのだ。

 しかし、ミラーレス化によりカメラボディを小さくした点が、ソニーの新しさ。この提案がユーザーに受け入れられればキヤノン、ニコンも放ってはおけないだろう。「フルサイズ普及機」の戦いは、まだ始まったばかりだ。

(週刊東洋経済2013年12月16日号核心リポート05)

ソース(東洋経済オンライン) http://toyokeizai.net/articles/-/26406
写真=ソニーのα7R


【続きを読む】



【Sony】世界初!ミラーレスカメラでフルサイズセンサー搭載の「α7」シリーズを発表!気になるお値段は・・・?【新型】

img_001


引用元: Sony α NEX/ILCE Eマウントレンズ Part22


300: 名無CCDさん@画素いっぱい 2013/10/16 15:11:04 ID:J/cJxiE80
意外と小さい。ソニストで予約受付中。11/15発売。

301: 名無CCDさん@画素いっぱい 2013/10/16 15:12:06 ID:z5iP8005P
α7 149800円
α7K 179800円
α7R 219800円

【続きを読む】



お知らせ
いまさらですが、カシャっと速報の Facebookページを立てました!


もしよかったら、「いいね!」 してやってください!



Twitterも始めました!



よろしかったら
フォローお願いします!
スポンサーリンク
最新コメント
オススメ記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
サイト内検索
カスタム検索
おすすめ: Nikon
アクセスカウンター