写真展

1000のふとももに囲まれる「ふともも写真の世界展」が開催!

引用元: 【社会】フェチズムの追求からアートへ! 「ふともも写真の世界展」開催決定


1: モチモチの木φ ★ 投稿日:2016/04/10(日) 16:02:23.73
■フェチズムの追求からアートへ! 「ふともも写真の世界展」開催決定

no title

女性の“ふともも”をモチーフにした写真を展示する「ふともも写真の世界展」が
「TODAYS GALLERY STUDIO」で4月22日から5月15日まで開催されます。

フェティシズムの追求からアートへと昇華したという「ふともも写真の世界展」は、
性別や嗜好を越えて楽しめる内容になっているそう。ハリのある白いふとももは、どれも思わず目がくぎ付けになってしまいます。

作品を撮影したのは、写真家のゆりあ氏。>>2011年から本格的にふとももを撮り始め、現在はふともも作品をおさめた写真集を5冊出版しています。

「ふともも写真の世界展」では360度ふともも尽くしの空間展示が設けられ、より濃縮されたふとももの世界観を味わえるとのこと。また5月4日のみどりの日には女性限定の太もも温泉(足湯。温泉の素を使用)を用意。

先着特典として、週替わりのポストカード4種類、雨の日には通常の入場特典に加えて雨の日限定特典1種類を数量限定で配布します。
物販ではレザーブランド「OJAGA DESIGN」とコラボしたパスケースを数量限定で発売。ゆりあ氏初となる作品の展示販売も行います。数量限定のガイドブックは、未公開ショットや新作ショット、会場内の展示作品も収録した豪華なものとなっているそうです。

ソース:http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1604/08/news055.html

【続きを読む】



圧倒的!巨大機械構造物を集めた写真展 『日本の現場 立入禁止の向こう側』 が面白そう

引用元: “圧倒的な巨大機械構造物群” を集めた写真展 『日本の現場 立入禁止の向こう側』 が面白そう


1: デンジャラスバックドロップ(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2016/03/08(火) 18:18:02.73 ID:jP2vvlRY0
写真展「日本の現場 立入禁止の向こう側」 科学工業の未知なる現場

写真家・西澤丞さんによる初の個展「日本の現場 立ち入り禁止の向こう側」が、3月2日(水)から3月31日(木)にかけて、 東京都新宿区にあるコニカミノルタプラザ ギャラリーB&Cにて行われている。

本展は、「写真を通じて日本の現場を応援する」をコンセプトに、一般の人ではなかなか立ち入ることのできない科学研究施設や工場などをとらえた、精緻でスケール感のある作品を展示する。

入場料は無料となっており、3月18日(金)にはスペシャルトークも行われる。

さまざまな「日本の現場」を追う写真家・西澤丞

西澤丞さんは、日本の先端科学施設を写真に収めた『Build the Future』や、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の新型固形燃料ロケット誕生の様子を追った『イプシロン・ザ・ロケット ―新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間』などの写真集で話題を集めている注目の写真家。

4月には、新たに産業の現場を撮り下ろした写真集の刊行が予定されており、同作に収録される最新作品も本展で見ることができるようになっている。

http://kai-you.net/article/26674

画像
729609fff739af805c788b1d98c094b4

no title

【続きを読む】



表情豊かなネコの写真展「東向島の猫うめ吉と、下町ノラニャン」

引用元: 【東京】表情豊かなネコの写真展「東向島の猫うめ吉と、下町ノラニャン」


1: ニカワ ★ 2015/12/20(日) 23:30:22.79 ID:CAP_USER*.net
東向島の「玉ノ井カフェ.」で開催されている「東向島の猫うめ吉と、下町ノラニャン展」。表情豊かな猫たちの姿に癒される!
no title

「大売出し中?渡辺商店の店長」(晴れ工房・伊藤晴美)
no title

「猫入荷しました」 (晴れ工房・伊藤晴美)
no title

うめ吉、かくれんぼ(晴れ工房・伊藤晴美)
no title

 大あくびのからしちゃん、ライオンのような風格があるすずちゃん-。生き生きとした表情が楽しいネコの写真展 「東向島の猫うめ吉と、下町ノラニャン」が東京都墨田区東向島5の「玉の井カフェ.」で来年2月9日まで開催されている。
「下町ノラニャングランプリ投票」も行っており1月25日に結果を発表する。

 作品は、会社員の伊藤晴美さん(43)が10年かけて撮りためた。伊藤さんは長野県出身。 実家でネコを飼っていたが引っ越した東京都墨田区の家はマンションでネコが飼えず、散歩がてら地域で飼われている“地域猫”を撮影してきた。

 「ネコと波長が合うのでしょうか。ネコの方から側に寄ってきてくれます。
ありのままのあなたが好き。元気?こんにちはと撮影させていただいています」

 どの写真のネコのしぐさも表情も自然だ。展示数は約100枚。 来場者には、写真のモデルとなった24匹のネコの中からお気に入りのネコを投票してもらう。 結果を踏まえ1月29日から「ノラニャン投票ベスト展」として展示し直す。

 中には死んでしまったネコもおり、かわいがっていた地域の人たちがカフェを訪れ、写真を見てなつかしみ思い出話が弾んだという。

 伊藤さんは「地域のコミュニケーションの中心的な存在がノラニャンであり地域猫。
死んでからも人の絆を結んでくれる。写真がメッセンジャーとなり、ノラニャンの使命を全うさせている」と話している。

永井荷風ゆかりの地で

 玉の井は小説家、永井荷風(1879-1959)の作品「ぼく東綺譚」の舞台であり、カフェはまちおこしの拠点としてオープンした。 玉の井の歴史がわかる史料や写真、本などがそろえられている。 今年3月、墨田区に多い皮革工房の皮を使った紙バッグに伊藤さんのネコの写真を使って展示したところ、評判となり、 伊藤さんの「下町猫写真家」のデビュー展として写真展を行うことになった。

 展示のタイトルにもなった「うめ吉」の写真には「五月頃になると、 ハルミさんの庭に現れて、まだ実のならない豊後梅の樹をじっと見つめています。 ため息のような鳴き声をあげ……」という文章がつけられている。 展示会期中に、写真エッセイ「うめ吉じゃん」を冊子にまとめる予定という。

 19日午後6時からネコ談義を行う「うめニャンパーティー」を開催予定。
参加費千円。カフェは水、木曜が定休日。12月28日~1月14日休業。

(文 杉浦美香)

引用元:http://www.sankei.com/photo/info/news/151218/inf1512180001-n1.html

【続きを読む】



【東日本大震災】中学生が撮影した被災地の写真展が開催!

引用元: 【社会】中学生が撮影した被災地の写真展、開催へ


1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/10/05(月) 20:37:49.24 ID:7aA7CrKp*.net BE:348439423-PLT(13557)
 
東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県南三陸町の中学校に通う生徒たちが撮影した写真の展示会が今月7日から、東京・中央区で開かれます。

K10010259151_1510051447_1510051448_01_02

南三陸町の志津川中学校では、被災地と東京を結ぶ交流拠点「わたす日本橋」でNPOなどの協力を受けて、テレビ会議システムを使った学習活動を続けていて、生徒たちは活動の一環として、「全国に伝えたい南三陸町の今」をテーマにふるさとの写真を撮影してきました。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151005/k10010259151000.html

【続きを読む】



ボケ味を愛する人々による初の写真展「ボケフォトファン」開催!

引用元: 【東京】 ボケ味を愛するFacebook写真投稿団体による初の写真展「ボケフォトファン」グループ展 [9月2日~9月17日] [MdN]


1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/30(日) 08:45:35.85 ID:sFlavE8J*.net
2015年9月2日(水)から9月17日(木)まで、キヤノンオープンギャラリー1・2にて、「ボケフォトファン」グループ展が開催される。

入場無料、日曜および祝日は休館で、時間は10:00~17:30。「ボケフォトファン」とは、写真における“ボケ味”を好む人々が集まる“Facebook写真投稿グループ” (http://www.facebook.com/groups/552770934828449/)で、本展は同グループにとって初開催の写真展となる。

no title

no title

写真における一眼レフならではのレンズの“ボケ味”は、世界で“Bokeh”として通用する日本文化になっており、日本人の感性が生んだ写真の味とも言える。

その“ボケ味”を主役にした写真評価や、“ボケ味”を追求する団体として発足したのが「ボケフォトファン」グループだ。 カメラの初心者からプロのフォトグラファーまで、発足から1年で1400名以上が在籍している。

デジタルカメラのゴースト現象やレンズの収差を逆手にとって利用したり、自分なりの技法や秘法を編み出してオリジナルのボケ味を追求したりと工夫を凝らしつつ、“Facebook写真投稿グループ”として、多種多様な作品を投稿/発表する活動を展開。本展の会場には、選りすぐりの“ボケフォト”84点が展示される。

■期間:
2015年9月2日(水)~9月17日(木)

■開催場所:
キヤノンオープンギャラリー1・2
東京都港区港南2-16-6 キヤノンSタワー 2F

■問い合わせ先:
ボケフォトファン/キヤノンオープンギャラリー1・2
url. http://cweb.canon.jp/gallery/

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:MdN http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/42328/

【続きを読む】



渋谷ヒカリエで岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」開催、テーマは四季

20150718-00000007-ozmall-000-1-view

引用元: 【写真】動物写真家・岩合光昭氏が渋谷ヒカリエで猫写真展「ふるさとのねこ」(画像あり)


1: まさと ◆RHASHorGAg ターンオーヴァー ★@\(^o^)/ 2015/07/19(日) 03:28:36.61 ID:???*.net
渋谷で岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」

オズモール 7月18日(土)23時30分配信

津軽の四季 子ネコたちの物語!渋谷ヒカリエで岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」開催

世界を舞台に活躍する動物写真家・岩合光昭さん。身近なネコの撮影も40年以上ライフワークにしていて、 ネコ好き女子には、NHKBSプレミアムの番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」などでもおなじみのはず。

2015年7月25日(土)から8月31日(金)まで、「渋谷ヒカリエ」9階の「ヒカリエホール ホールB」で開催される岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」。
ここでは「津軽の四季、子ネコたちの物語」と題して、1年間にわたって取材を続けてきた美しい津軽の四季の中で遊ぶ子ネコたちの姿が、 約160点の作品に納められている。

世界各国で撮影を続ける岩合さんは、私たち日本人の心の中にある「ふるさと」の風景に思いを馳せてきたとか。 素朴で美しい自然に惹かれ、日本人の原風景を表現する土地として、青森県津軽地方の四季をテーマに選んだのだそう。

「展示は四季をテーマに4つの章で構成しています。 例えば、春はウメやサクラに続いて、リンゴや桃の花が満開になる中で生まれた5匹の子ネコの姿。 夏は、まだ青いリンゴに寝転んで遊んだり、ねぶたや花火を見る様子。 秋は真っ赤なリンゴを背景に、冬は雪の降る日に互いの体を温めあう姿など、 まさにふるさとの暮らしに根付いたネコたちの姿が見られます」と、広報担当者さん。

5匹の子ネコが津軽の四季の中でのびのびと育つ姿は、私たちにどこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれるはず。

会期中に10回、岩合さんのギャラリートーク&サイン会も開催予定。 今回の撮影秘話など、興味深い話が聞けるとか。 なお、サイン会は、当日に写真集『ふるさとのねこ』(1600円)等の書籍を購入した人のみの特典だから、買う予定の人はこの機会に。

また、ご自慢の「ねこ写真」をチケットカウンターへ持っていくと、当日券が2割引になるサービスもあるそう。 ネコ好き仲間と愛猫の写真を持って、かわいい「ふるさとのねこ」たちに会いに行こう。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150718-00000007-ozmall-life

【続きを読む】



廃墟ブーム来たる?テレ東深夜に廃墟番組誕生&廃墟写真展も

image


1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/07/10(金) 07:08:02.47 ID:???*.net
 
「Youは何しに日本へ?」「家、ついて行ってイイですか?」「ローカル路線バスの旅」など、 他局とは一線を画し、独自の路線を歩み続けるテレビ東京に、新たに斬新な深夜番組が誕生する。 「7月10日(金)にスタートする「廃墟の休日」(毎週金曜夜0:52-1:23テレビ東京ほか)だ。

俳優たちが国内外の廃墟を旅するバラエティーで、 初回は安田顕らがSNSで知り合った廃墟に詳しい人物、ジョン・Tに誘われ、兵庫・摩耶観光ホテルを訪れる。

さまざまな議論を呼んだ“ドローン”や“4Kカメラ”を駆使して臨場感あふれる映像を撮影、廃墟をより魅力的に紹介する異色の番組となっている。

一方、7月17日(金)から20日(月)まで、東京・浅草橋にあるギャラリー 「TODAYS GALLERY STUDIO」では、 写真展「変わる廃墟展」が開催される。6組のアーティストによる全200点以上の作品を展示予定だ。

今回展示される作品は、廃墟写真をFacebook、インスタグラムなどSNSで公開している写真家、人気ブロガーによって撮影された作品。

通常、廃墟と聞いてまず思い浮かべるのは、朽ち果てた印象か立ち入り禁止、そして“心霊的印象”が強い。

今回の廃墟展では、廃墟のイメージが180度変わる廃墟の持つ“美しさ”に注目。 息を飲むほど美しい写真や物語を想起させられる作品は、老若男女問わず関心が高いという。

また、会場内の特設ブースでは時間帯によって映し出される映像が変わる“KAWARU SEKAI”の展示も予定されている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150710-00000008-the_tv-ent
webザテレビジョン 7月10日(金)5時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150710-00000008-the_tv-ent.view-000
廃墟に特化した写真展「変わる廃墟展」が7月17日(金)から20日(月)まで開催される

【続きを読む】



「かぎしっぽ」が企画するフォトコンテスト!募集テーマは「ねこの至福」

引用元: かぎしっぽの魅力


1: ミドルキック(神奈川県)@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 21:51:55.80 ID:5Q05Qzus0.net BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
秋田の猫グッズショップが公募型写真展 大賞は「いいね」数で決定

猫がテーマの絵本・雑貨ショップ「かぎしっぽ」は6月20日、「フォトコンテスト」の作品募集を始める。

「猫と絵本好きが高じた」という新潟県出身の佐藤明子さんが4月下旬に開いた同店。 猫が題材の絵本400冊を始め、猫がデザインされた雑貨類やペットグッズなど約150アイテムを扱う。

「ほとんどの来店客が飼い猫の写真を見せてくれる」ことから、「皆さんと一緒に楽しめれば」と初めて公募型写真展を企画した。

募集する作品のテーマは「ねこの至福」。応募作品は同店フェイスブックページに掲載し、「いいね」の数で大賞1点と特賞2点を決める。 入賞作品にはリサ・ラーソン「ランチボックス」や猫の絵本などを進呈する。

「ほっこりできる猫の写真はもちろん、飼い主と猫との至福のひとときなどを撮影した作品をお寄せいただければ」と佐藤さん。

猫の性別・年齢、作品タイトル、コメントなどを添えてメール(keytail@outlook.com)で応募する。 1人何点でも応募できる。締め切りは7月15日。

no title

猫が題材の絵本などを扱う「かぎしっぽ」店主・佐藤明子さんの飼い猫「花子」
http://akita.keizai.biz/headline/2258/
【続きを読む】



ふとももだらけの写真展「曖昧ふともも写真館」撮影会も実施!

引用元: 【イベント】ふとももだらけの展示会「曖昧☆ふともも写真館」 撮影会も実施


1: オムコシ ★ 2015/06/23(火) 14:50:23.64 ID:???.net

no title

写真家・ゆりあさん初の単独写真展「曖昧☆ふともも写真館」が、浅草橋にあるギャラリーTODAYS GALLERY STUDIOにて、 7月3日(金)から7月12日(日)にかけて開催される。入場料は500円。

展示される作品は、7月17日(金)に発売される新作写真集『ふともも写真館 ―夏の日―』『ふともも写真館 制服写真部 ~夏~』に収録されたショットに加え、 過去5年にわたり撮りためたアーカイブ作品や、撮り下ろしの新作ふともも写真など200点以上。

会場では、写真集の先行発売が行われるほか、先着100名に日替わりでデザインの変わるオリジナルポストカードの配布、 ゆりあさん自身が女性来場者のふとももをその場で撮影する「ふともも撮影会」も開かれる。

ふとももの魅力が満載!

ゆりあさんは、これまでに『ふともも写真館 制服写真部』や『ふともも写真館』といった、ふとももの魅力を凝縮した写真集を発表し続けている写真家。

4月にTODAYS GALLERY STUDIOで開催された合同展示会「曖昧☆美少女アート展」への参加時には、顔を写さないという作風から生まれる曖昧さによって、 フェティシズムとアートの可能性に注目し、大きな話題を呼んだ。

本展は、同ギャラリー設立1周年を記念して行われる、ふともも写真館とTODAYS GALLERY STUDIOのコラボ企画。 今回の展示では、さらにその曖昧さを極限まで追求し、見る側の想像力を駆り立てるようなアート作品が楽しめるという。

また上述の「ふともも撮影会」では、ゆりあさんが撮影した写真をその場でプリントして受け取れるほか、撮影した写真を会場のパネルに展示することも可能となっている。

no title

no title

no title

http://kai-you.net/article/18176

関連記事:
ふともも好きの為の「ふともも写真集」が遂に発売

水中ニーソ等フェチズム溢れる美少女たちの写真展が東京浅草橋で開催!

【続きを読む】



水中ニーソ等フェチズム溢れる美少女たちの写真展が東京浅草橋で開催!

引用元: 【話題】東京都・浅草橋で"曖昧"な美少女たちの写真展 - 「水中ニーソ」など展示 [H27/4/22]


1: ◆sRJYpneS5Y 2015/04/22(水)22:44:30 ID:???
001l

「BACON(べーこん)」は4月29日~5月10日、東京都・浅草橋「TODAYS GALLERY STUDIO」で、合同写真展「曖昧☆美少女アート展」を開催する。

話題の「水中ニーソ」から「ふともも」までが一堂に会する合同写真展

同イベントは、ギャラリー「TODAYS GALLERY STUDIO」をアーティストに無料で開放するフリーギャラリーイベントの第2弾。

続き マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2015/04/21/033/

5: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)22:48:56 ID:IhN
ハートにヒットだがあまり表に出る物でもないかと・・・

【続きを読む】



お知らせ
いまさらですが、カシャっと速報の Facebookページを立てました!


もしよかったら、「いいね!」 してやってください!



Twitterも始めました!



よろしかったら
フォローお願いします!
スポンサーリンク
最新コメント
オススメ記事
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
サイト内検索
カスタム検索
おすすめ: Nikon
アクセスカウンター